2010年12月30日木曜日

Selectively Tuning Out "Mainstream" Media Contents

2010年もあと1日。ボクにとっての今年の収穫(科学以外での)は、「メインストリーム」メディアの内容を選択的にtune outできるようになり、一部その代わりを見つけたこと。あまりのヒドさでようやくわかった。スピンやBS、意図的・無意識の誘導が満載で、何が原因で世の中がこんな状況になっているのか理解できるようにはなっていない。米国でも日本でも同様だろう。しかし、探せば少なくともボクに理解できる言葉で話したり書いたりしている人々はいる。政治経済関連では、下記が収穫の一部。年末年始、暇な人はいくつか見てはどうですか?

---
William K. Black: in Bill Moyers Journal
April 3, 2009
"The Best Way to Rob a Bank Is to Own One"
http://www.pbs.org/moyers/journal/04032009/watch.html

Elizabeth Warren: Daily Show with Jon Stewart
January 26, 2010
http://www.thedailyshow.com/watch/tue-january-26-2010/elizabeth-warren

Robert Reich:
New Years Prediction (II): The U.S. Economy in 2011
December 29, 2010
http://robertreich.org/post/2520478548

Robert Reich: Aftershock: The next economy and America's future
September 22, 2010
http://www.youtube.com/watch?v=hpSdKZm1D2A










Paul Krugman Columns: New York Times (下記ページの左下)
http://topics.nytimes.com/top/opinion/editorialsandoped/oped/columnists/paulkrugman/index.html
最近のPaul Krugmanコラムから:The Humbug Express
http://www.nytimes.com/2010/12/24/opinion/24krugman.html

=== Long Videos ===
Robert Reich: Series: "Richard and Rhoda Goldman School of Public Policy at UC Berkeley" [5/2005] Posted: January 10, 2008
(この講演、特に面白いです。2005年からですが、内容古くない。)
http://www.youtube.com/watch?v=QCu-XnVxhfk

Elizabeth Warren: The Coming Collapse of the Middle Class
Series: "UC Berkeley Graduate Council Lectures" [6/2007]
Posted: January 31, 2008
http://www.youtube.com/watch?v=akVL7QY0S8A

上の人たちを知らない人は調べましょう。はっきり物を言う人たちばかりで、煙たがられている面があるかもしれない。全て米国についての話しだが、程度こそ違っても既に日本でも起っていることが多い。日本ではまだマシな部分は、これ以上悪化しないように、手遅れになる前に正しい選択ができるように、注視する必要がある。「ブッシュ減税」のそのまま2年延長はヒドかった。この点で日本はまだ少しマシ。同じレトリックが輸入される可能性は高い。米国に関して彼らが言っている事について、日本ではどの様な状況にあるかを対照して見ると良い。「メインストリーム」メディアを見るだけでは、それは出来ない事は明らかだ。
.

2010年12月29日水曜日

English Dictation課題 #106

新しいEnglish Dictation課題 #106です。このビデオは同僚のco-curator, KSS氏が見つけてきました。

The Secret Life of Scientist and Engineers -- Mollie Woodworth: Neuroscientist (PBS NOVA)
http://www.pbs.org/wgbh/nova/secretlife/scientists/mollie-woodworth/

106Aか106Bのどちらかをやってください。
106A:
上のページの右上の縦に並んでいるビデオの内、
30 Second Science: Mollie Woodworth [0:30]というタイトルが付いているもの。"My lab studies the development of different types of neurons ..."で始まる。

106B:
同じく、上のページの右上の縦に並んでいるビデオの内、
Only I Knew [2:26] というタイトルが付いているもの。"When I was in high school, I wrote, you know, in 10 years I am going to be doing my Ph.D. in biology ..."で始まる。

元気がいい、MITの大学院生が自分の研究について早口でしゃべっている。彼女のタイトルは
Mollie Woodworth: Neuroscientist & Cheerleader

皆さんも、新年からはこれくらいのエネルギーでお願いします。もう少しゆっくりしゃべってもいいですが。1月5日か6日にsample resultを掲載します。
.

2010年12月28日火曜日

English Dictation課題 #105: sample result

2010年12月22日(水)出題のEnglish Dictation課題 #105の解答例です。
http://www.ohzawa.net/2010/12/english-dictation-105.html

iBioMagazine
Eric Betzig and Harald Hess: Developing PALM Microscopy
http://www.ibiomagazine.org/index.php/issues/december-2010-issue/betzig-a-hess

================================
#105A 
In particular, while we were there, he pointed out there is not just the green fluorescent protein. There are a whole new class of optical highlighters, or photoactivatable, PA-FPs. Those proteins, fluorescent proteins, are essentially dark or maybe often of a different spectral range. And when you normally look at it, you see nothing. But if you shine blue light, you can effectively turn them on. And this was magical. 

So, as soon as Harald and I left Tallahassee, it became obvious to us that this was really the missing link to make that idea that I published after I first left Bell work. 

So, the thought is that rather than bathing the entire specimen with blue light until it all glows, is just turn on the blue or purple light for a very brief period of time, so only a few molecules turn on at once. 

Then, since they are isolated from one another, we can find their centers and plot those, then they burn out and bleach, and we turn on a new set of molecules by pulsing the light on again and repeat this process for many frames until you determine the coordinates of every molecule inside of the sample. 

So, instead of that original quantum well experiment where we separated the exciton recombination sites in terms of X-Y- and wavelength, now it’s in terms of X-Y- and time. 

So, just in case you didn’t quite get the Eric’s explanation, let me just restate it in plain English. 

Basically, (scoot over just a little bit,) right there you see a lot of molecules and they are normally very densely packed, impossible to resolve them clearly. But if you put in a little bit of blue light, you can turn on a very small subset and they are far enough apart that you can see each one glow independently, localize its center, and you repeat this until you exhaust all of the molecules. And you can then resolve the complete super-resolution image whereas if they all glowed at once you would just see a massive blur that looks like this. 

So, once we realized that this was possible, we immediately set off to acquire a place, Sedona, Arizona, and wrote up our ideas and a patent, and started scheming how can we make this microscope happen fast. It was an idea which was very ripe and potentially very powerful at the time. 

And so, within about a month or two, we were actually out in my living room, assembling, collecting parts, and assembling the microscope itself. We were able to sort of bypass the complete funding procedure or venture capital. And we were able to move at lightening speed. So, within literally a few months, December two thousand five, this was existing in the living room. 

================================
#105B 
So, here again is Harald’s movie, but now shown with real data, so maybe you finally really understand it this time. 

So, the frame on the left shows single molecule frames from lysosomes that have been cut through to a very thin section and then turning on the blue light very briefly in small bursts to turn on small amounts of molecules which are clearly isolated from one another. If you summed up all of those frames, you get the frame in the middle, which then represents what you would see in a normal optical microscope. 

But if instead you find the centers of all of those molecules from the frames at the left and plot them over on the right, then you end up getting a super-resolution image. You can see that a little bit better here, where you see in the middle on the left a diffraction-limited image of these lysosomes and on the right then the PALM image of lysosomes. And you really appreciate exactly how much the resolution is improved if you zoom in here. You go from this type of resolution here to this type of resolution here. So, this became the basis of our first PALM Science paper back in two thousand and six. 

So, I thought we would conclude by just trying to put together some thoughts, which I think were very helpful for us in succeeding. I think both of us have a little bit of aversion for doing the mainstream. And so, we actively sought out areas which were not very fashionable at all, and tried to avoid those [fashionable] areas, you know, very explicitly. I think for both of us it was actually very valuable to seek out a diversity of experiences. We sort of bounced through multiple fields and just experiencing new problem sets from the outside, not just from the immediate research but from the outside. I think it was very helpful and actually very liberating for us and made the whole thing a lot of fun. 

And just to reiterate what Harald just said, I think one of the key lessons is to not necessarily jump on those bandwagons, like I said, but forge your own path. OK? Most people who are probably looking at this video have been in science for a while. And if you are a young guy, you are trying to figure out how you are going to... what you are really going to do for your career. You probably invested a lot of time and effort to get to this point. 

I think it’s a mistake... mistake too many people make to try to go the safe route from a funding perspective and whatever to go into the fields that are already fairly mature. The thing to do is to really try, in my opinion, to strike your own path. But you have to really have the courage of your convictions to tune out what other people are saying and to not be upset when you don’t get the first grant or two, and to try to be a little bit scared because the adrenaline pump also helps in being productive. 

But really whatever you do, you should do the thing that you love doing because nothing worthwhile was ever done without passion. 

余談
*****
Please don't ask me what "quantum well" and "exciton recombinaiton" are. I have no idea, and I didn't even know those tech terms. I had to look up Google with my guesses for exciton several times until I hit the right one (I think). And it really does not matter for understanding the important things in this video. 

ボク自身の研究では、今のところPALMとかSTEDのような超解像光学顕微鏡は必要ないけれど、回折限界という物理の法則として原理的に超えられない限界を、どのように考えてworkaroundを見つけ出し、目的を達成したのかという点が非常に面白いし、着想の方法論を学びたいと思う。光を200nm以下のスポットに小さく絞れないという限界はどうしようもないけれど、もし光が分子の様な小さな1点から出ているのなら、その位置はボケた丸い大きなスポットの中心位置として高い精度で決められる。だから、分子の位置を正確に決めてそこに点を打って行けば、回折限界を超える詳細な「絵」は作れる、という発想の転換。ただ、問題は普通の状態では溶液中の分子なんて非常に数が多く、それらが同時に全部光り、更に像がボケたら何も見えなくなる。PALMの発想は、どうやって多くの分子の内、ごく少数だけを光らせて、像がボケても隣の分子からの光が確率的にほとんど重ならないようにするかという点にあったことがわかる。STEDを知らない人は、こちらの着眼点は、発想はどうだったのかを知っておくと良いと思う。

彼らの生き方、なかなか簡単ではないけれど、かっこいいと思う。日本に彼らのような科学者の居場所はあるのだろうか? ビデオの最後で、彼らが言っているアドバイスをよく聞いて欲しい。以下のどの点も、信念が必要だけれど、日本にいても意識してやって行ける事だ。そうしたいと思う。

Aversion for doing the mainstream (is good.)

Actively seek out areas which are not very fashionable at all.

Experience new problem sets not just from the immediate research but from the outside.

Do not go into the fields that are already fairly mature.

Strike your own path.

Do not be upset when you don't get the first grant or two.

Try to be a little bit scared (for adrenaline pump).

Whatever you do, you should do the thing that you love doing because nothing worthwhile was ever done without passion. 

(同僚のKSS氏が作った解答例をボクがタッチアップしました。)
.

2010年12月27日月曜日

留学の最適解

「留学の最適解」なんてタイトルを付けてしまったが、自分が一番成長できるという基準での話しだと思って欲しい。間違っても、帰国後に有名企業への就職に有利だとか、そんな事を考えているのだったら、以下は読まないで欲しい。留学先は米国、理系の学位取得を想定する。

[1] 大学は日本の大学を卒業する。少なくとも大部分の科目の内容は日本語だけでなく英語でも説明ができるくらいの準備はしておく。大学の授業だけではダメで、駅前留学もこの点ではおそらく無駄。自分で英語の教科書を何科目かは併用する。それに、今はMIT, Berkeley, Stanford等のOpenCourseWareが出ている。例えば物理の講義ビデオが面白いので活用する。専門以外にもScientific Americanくらいは読む。論文は読まなくていい。当初必要な英語力は、取らなければならない科目の範囲の点から、大学院より学部の方がレベルが高いと思う。大学院では専門的なことが多くなる関係で、英語は楽になる。(この点、誤解している人が多いようだけれど。)

[2] 4年生の夏は日本の大学院入試があるが、受けて合格しておく。同時に外国の大学を調べて、次の年の9月入学の準備を。正規の修士かPh.D.プログラムを目指す。

[3] 日本の大学院に入学し、夏休みに入ってから渡航し、米国の大学院に入学する。日本の大学院は休学か留学。学位は米国の大学院から取得する。向こうでやれると思ったら、日本の大学院はやめるか、休学の年限まで忘れればいい。

以上は実は、30年以上前にボクがたどり始めた留学のシナリオだけれど、今考えても自分の成長のためには一番良かったと思っている。(もちろん、当時OpenCourseWareなんて物は無かったが、英語で書かれた専門の教科書とScientific Americanはあった。)能力の初期値と最終値のこともあるから、最終値が他の人より高いとか言っているんではないです。大変なことはあったけれど、本当に日本に居ては得難い経験が出来たと思っている。日本の大学の多くの環境にある煩わしい人間関係/上下関係から、ゼロにはもちろんならないが、格段に自由になれる。これは、研究内容や方針の選択、ディスカッションがどの程度できるか等の点でも影響があるので、単に人間関係とバカにはできない。前倒しで学部から米国の大学に行く英語力はボクにはなかった。

Ph.D.を日本で取ってから、米国にPostdocでというのが、日本では最も一般的だと思うが、それもいいけど、行くのであればやはり大学院生として行くのが最適だと思う。学生の時が一番リスクを取れるから。というより、自分がリスクを取っているのだと自覚しないから。余計な事を考えずに、純粋さを持って一番自分が良いと思う方向に向かっていくことができる。それに、失敗が許される。免除されることが多いが、形の上では授業料を一応払っているのだから。失敗も大事。やって見たけど、ダメだったプロジェクトがいくつかあっていい。いくつか実際に経験した。それに、ボクはダメだと思ったボスのアイデアも「そんなのダメだと思う(I don't think that will work.)」と言ってから、やってみた。やはり、ダメだったけど、まあ論文にはなった。Postdocだと、そんな悠長なことはなかなかできない。

もう一点、これまでの何が常識か、当たり前の事か、大切か、意義のあることかという思い込みを打ち壊してもらえること。大学の外でもだし、アカデミックな面でも。賛成できるかどうかは別にして、少なくとも知る事ができる。

時代は違うけれど、30年前より今のほうが大変だとは全く思わない。今のほうが格段に行き易いハズだ。ボクが最初に行った1979年頃は、たしか$1 = ¥250くらいだった。(向こうでTA/RAをもらうようになれば、関係ないけれど。)それに、皆があまり留学したがらない今、奨学金をその気になって探せば、結構あるのではないだろうか。行かなければ損だという気にならなければおかしい。経済的には、日本の大学院へ行ける幸運な方であれば、米国で理系のPh.D.を目指すのにそれほど余分にかかるとは思わない。大学にもよるが。かかる年数によっては、向こうの方が学外でのアルバイト無しでも最低限やって行ける分、却って良いかもしれない。

時代のせいで一番大きく変わったのは、親や先生を含む世間の風潮や傾向と、普通の人から大企業への所得・資産移転でほとんどの国では人々の暮らしが壊されて来たことだろう。皆縮こまって、少しでも人よりはと不毛な競争をせざるを得ないと思っている。ちょっとくらい勝ったと思っても、安心なんてできない。でも、こういう状況のどれをとっても、自分が留学すべきかどうかの決断とは関係ないのでは?

余計な事を書いて、と思われる方もあるだろうが、ボクみたいなのが書かなかったら、誰が書くんだとも考えてのことだ。近視眼的に見れば、日本の大学院の教員でもあるボクが、米国で学位を取れとけしかけるのは、けしからんと言われそうだけれど、そんな囲い込みやっていて、どうする?チャンスがあれば飛び出して行ってしまいそうな学生にこそ来てもらえるような研究科にしたいと思わねば。極論すれば、学生は腰掛けだと思って来てもいいと思う。何人かは居着いて欲しいけれど。

第一回・博士キャリアアップシンポジウム:グローバル時代に博士号を生かす方法
2010年12月21日(火)
http://kagakusha.net/symposium_2010.htm

での、黒川清先生(政策大学院大学・教授、元内閣特別顧問)の基調講演のUstreamビデオが、一部ある(音が聞きにくいのと、完全に収録できなかったようで、残念)。
聞いてみてほしい。
http://www.ustream.tv/recorded/11556534
http://www.ustream.tv/recorded/11556761

ブログにも少し書かれている。
http://www.kiyoshikurokawa.com/jp/2010/12/内向きの日本の若手研究者へ若手研究者が立ち上がる.html

日本のためとかではなくて、黒川先生が言われている「世界のどこでも通用するプロになる」といった自分の目標だけを考えればいい。それが自動的に他の人にも役に立つのだから。

そんな大それた目標は持っていなくて、ささやかな幸せでいいですか?それって、arrogantです。
.

2010年12月22日水曜日

English Dictation課題 #105

新しいEnglish Dictation課題 #105です。

同じくiBioMagazineから、もう少しテクニカルな内容です。
Eric Betzig and Harald Hess: Developing PALM Microscopy
http://www.ibiomagazine.org/index.php/issues/december-2010-issue/betzig-a-hess

105Aか105Bのどちらかをやってください。
105A:
ビデオの最初から07分53秒からの163秒分
"In particular, while we were there, he pointed out ..."で始まり、
"... this was existing in the living room."で終わります。

105B: 
ビデオの最初から11分29秒からの183秒分
"So, here again is Harald's movie ..."で始まり、最後までです。

PALMという、超解像顕微鏡を開発した2人のトークです。
長く光学顕微鏡は可視光の最短波長の半分である200nm(ナノメートル)より小さな物を見る事はできませんでしたが、この限界を超える顕微鏡の技術がいくつか最近出て来ています。PALMというのは、その1つで、その原理を簡単に解説しています。7分あれば分かります。回折限界という物理学では根本的な限界の一つで、多くの人が超えられる訳がないとあきらめていたことなのですが、どの方法の原理も発想の転換があります。物理法則を曲げているわけではもちろんないのですが、こういうところが面白いと思います。

それから、若い研究者へのアドバイスもビデオの最後に出てきます。
.

2010年12月21日火曜日

English Dictation課題 #104:sample result

2010年12月14日火曜日のDictationのサンプルです。
http://www.ohzawa.net/2010/12/dictation.html#links
既に自主グループで始めてから、104回目でした。
出来ない事があっても、あきらめずにしつこくやる事が大切です。
出来たかどうかよりも、メッセージと内容を大事にしてください。

Keith Yamamoto: Taking Risks
http://www.ibiomagazine.org/index.php/issues/august-issue/taking-risks
の06:24〜最後までです。

--
So how is it that we learn these four key skills? I think we can take a wisdom from the ad campaign, and that says "Just do it," or from the fact that we all go to the gym, and [the way] we learn how to acquire a skill in a gym, is simply by repetition. Doing reps. So just do it, and do reps.

And the amazing thing about science is that we do in fact, through the process of repeating a skill, become better at it, and gain confidence that we can do it well.

The remarkable thing about science is that we are surrounded by, immersed in this opportunity to be doing reps all the time.

So doing science is like living in a gym, every paper we read, every seminar we go to, every hallway conversation we have with a friend about experiments, every scientific meeting that we go to, offers multiple opportunities for us, as students of science, to ask "Is this the problem that I would choose to work on? Is this the experiment that I would have designed to test this question? Would I follow the results in this direction in order to pursue the problem? Or would I have done it in a different way?"

So we can ask these questions, do these reps, not only about our own work which is crucial, but about everything around us. We are immersed in this opportunity, to be able to do the repetitions that can move us towards the capacity of being a terrific independent scientist.

And within each of those then, is the opportunity to be able to choose that branch between the safe approach, the safe problem, the safe experiment, the safe result, and the risky one that may lead to something that we just didn’t expect, or don’ t understand at present.

So, I think that much of our training does a good job at those first three skills, of recognizing problems, designing experiments, and choosing results.

But I find it distressing that, in fact, there is a tendency to discourage, especially students and postdocs and assistant professors, from taking risks. That we are in fact advised against taking risks. We are told to play it safe, to hold back, to be a little conservative, to wait until we are established, to wait until we are secure in our positions before we start out to take risks.

So this is a little bit like being asked to accomplish a very difficult skill in the gym, if you will, without doing any reps. Just walk in and do it. That's hard and scary, and, in my view, [is...] tends to move us as a field, as individuals toward a lifetime of day scientice, according to Francois Jacob (*1).

So why should we take risks? I think the answer is clear. That taking risk, risk in fact is at the heart of discovery. And discovery is the reason that we all trying to do science.

When should we take risks? When is the right time to do night science? The answer is now. It's always time to do night science. Everyday is a right time to do night science.
--

Links & Refs

*1: Francois Jacob
http://en.wikipedia.org/wiki/Francois_Jacob
http://nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/1965/jacob-bio.html

Book: "The Statue Within"
http://www.amazon.com/Statue-Within-Autobiography-Francois-Jacob/dp/0879694769/

Quotes earlier in the video from the book:
"Day science calls into play arguments that mesh like gears, results that have the force of certainty... Conscious of its progress, proud of its past, sure of its future, day science advances in light and glory."

"By contrast, night science wonders blind, it hesitates, stumbles, recoils, sweats, wakes with a start. Doubting everything, it is forever trying to find itself, question itself, pull itself back together.

Night science is a sort of workshop of the possible, where what will become the building material of science is worked out"
.

2010年12月16日木曜日

Columbia University Faculty speaks out against WikiLeaks prosecution

I just find this development most interesting this week regarding WikiLeaks.

Columbia University Graduate School of Journalism Faculty speaks out against WikiLeaks prosecution:
http://www.journalism.columbia.edu/news/295

Is the Watchdog Press Dead or just being Anesthetized?
http://www.grittv.org/2010/12/15/personal-democracy-forum-is-the-watchdog-press-dead/

The answer seems to be the latter based on the first link.
What about Japan? How long has it been...?
.

2010年12月14日火曜日

英語のDictationやりませんか?

週ベースで英語のDictationをやってみませんか?

自分だけの力でビデオの英語を完全に書き取る練習です。辞書、背景やキーワードのネット検索等は自由に使っても良い。何回聞いてもよいし、トピックに関する知識、文法、意味・コンテキストからしてそれしかあり得ない等、自分が知っている事、できることを全て総動員していいです。(Transcriptがあったら、それは見ないで。まあ、あなたの勝手ですが。)取り上げるビデオは、主に科学技術に関する題材を選んでいます。

第1回は2010年12月8日(水)に紹介した:
Keith Yamamoto: Taking Risks
http://www.ibiomagazine.org/index.php/issues/august-issue/taking-risks
の06:24〜最後までです。"So, how is it that we learn ..."が出だしです。
4分+と、ちょっと長いので、出来る所までということで。

約1週間後に書き取った例と次回の課題をここでアナウンスの予定です。

実は、大学の1年生向けの授業(基礎セミナー)と研究室/研究科/学部メンバーの自主グループで、これを2年ちょっとやっています。自主グループの方は完全にネット上のVirtualな活動なので、何人が実際にやっているかは、全くわかりません。半分趣味なので、それでいいんです。

最近は英語教材としてPodCastやMulti-media教材等が続々でてきていたりしますが、まあ内容・トピック的には、ぼくには物足りないものが多いと思います。皆さんはどうですか?
言語は内容こそがだと思うのですが。

物足りない理由は、制作側に最大数の人に売ることができる最大公約数的なものという基準があり、科学技術のトピック等、専門的な匂いのするものは、滅多に出て来ないことが一つあると思います。ボクは、時事英語、ビジネス英語、科学英語とか、そんな区分けはバカらしいと思っています。それから、日本語が出てくるのがウザイ。あれって、親切なんでしょうか?姿勢が間違っていると思う。英語を日本語によるお勉強の対象として、意識の外にある物として学ぶという姿勢で扱っていたら、いくら時間をかけてもダメではないですか?

まあ、その議論はおいといて、日本語が少しでも出てくるものは拒否して、世界中からフリーの、自分が本当に興味が持てる、生の英語素材を探したほうが賢いと思います。ここではそれをやろうとしています。ボクが面白いと思った素材とそれがある場所(URL)を紹介するのも、一つの目的です。ボクの趣味と興味があなたのと一致していれば幸いですが、そうでなくても同じサイト上に、あなたが興味を持てる内容のものがきっとあるはずです。

馬鹿げた英語教材でも、やらないよりはやった方が良いというのは、大間違いです。止めておいた方がいい教材が蔓延しています。英語と日本語が音声として交互に反復されるような音の単語集等は最悪で、そんなことをしていては英語の上達には有害な連想記憶が出来てしまうだけだと思います。英語を聞いた時、日本語の単語の音が頭の中で鳴り響いたら、相手の言っている事を理解するどころではないでしょう。

この練習の目的は、日本語をまったく使わないで、英語の上達をはかる方法を習得してもらうことです。

題材の採集と選択はボクと同僚のKSS氏の趣味と興味でやっています。広く科学や技術、中でも生命科学・脳の話しのウエイトが高くなると思いますが、時々は外れます。自分の専門の話ししか分からない・できないのでは寂しいですよね。環境問題、社会問題、科学と社会・人との関わりについても英語で有意義な話をできなかったら、英語やっている意義も半減してしまいます。

学会とか、締め切りとかで、毎週必ずできるという保証はしませんが、時々間が空く事があっても、当分はしつこくやるつもりです。
.

2010年12月12日日曜日

意識から薄れる環境問題とHead in the Sand

環境問題の専門家では無いのに、「環境科学の基礎」という大学1年生向けの科目を担当している。オムニバスで担当している計11人の教員の一人だ。ボク以外でも、この中で本当に環境に密接に関連した研究をしている教員は少数だ。環境問題に関連する全てのことに精通した専門家などはあり得ないのだから、どんな立派な専門家も別の多くの側面では非専門家だ。だから、非専門家は複雑で難しい環境問題のことは知らなくて良いというのは間違っている。どんな問題が環境に関して起っているかを知る事だけでも、意味があるだろう。非専門家としての教員が、自分の視点から大きな問題のある部分を学生と一緒に考えてみる、というのをボクは目標にしている。

しかし、COP-16がCancunで閉幕したが、この緊張感の無さはどうだ。上の科目のボクの担当は今年度分は終わったが、授業がやりにくい。下院で共和党が勝って、ますます米国のやる気が無くなったのを良いことに、また、25%削減を約束した前首相が表舞台から消えた事を良いことに、しばらく棚上げという事なのだろうか。

いくつかリンクを置いておく。

Head in the Sand
http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-62533-7.html


GRIT.tv - Bill McKibben: Growing Global Movements
http://www.grittv.org/2010/12/07/bill-mckibben-growing-global-movements/
http://www.350.org/

Head in the Sandの写真を見ていると、環境問題に関する事だけでなく、実は他にも同じことをやっている局面がいろんな所にあるのではないかと思えてくる。国から、企業、大学、はては個人レベルでも。例えば、内向き思考は突き詰めれば、head in the sandと同じ事だろう。今日の日経7面の特集の引用で、安積敏政教授(元松下電機産業)が日本企業の内向き思考は傲慢さからきているのでは無いかと述べていた。(内向き思考から出てくる内向き指向か)

企業に限らず、「日本はまあいい国だし、そこそこの生活ができればいいや」、という個人レベルの内向き思考も、同じ無意識の傲慢さから来ているような気がする。それが少数だったらまだしも、大多数の人たちがそう考えて、社会の各所で責任のある立場になった時が恐ろしい。政治家、部長、課長、先生、親とか。え、ここしばらく、もうそうなっているんですか?

ちょっとポイントは違うと思うが、
Third World America
http://www.amazon.com/Third-World-America-Politicians-Abandoning/dp/0307719820

という本がでている。読んではいないが、「Third World Japan」という言葉と、「Third World標準でのそこそこの生活」という連想をどうしてもしてしまう。
この本におそらく書いてある日米共通の大きな問題以外に、ボクらはもう一つ個人レベルで克服しなければならないことがあるのでは?

克服なんて気張らなくても良い人は、実は少なからずいると思うのだが。Head in the Sandのおせっかいが脅さなければ。
.

2010年12月11日土曜日

WikiLeaksと内部告発をどう考えるか

WikiLeaksについては、ボクの個人の意見は影響力もないだろうし、いろいろ差し障りもありそうなのでここでは言わない。ただ、(重大な内容の)内部告発をどう考えるかという、もっと大きな一般的問題については、少しだけ考えてしまう羽目になったので、書きとめておきたい。

内部告発に関する考察は、少なくとも全ての関係する者の意見を聞いてからにすべきだ。当事者は以下の4者:

1. 公表されては困る情報を持つ者:国、軍、政治家、官僚、企業など
2. 内部告発をしようとする者
3. 国民、市民(知る権利を持つ者)
4. メディア

この内、1−3は自明だが、メディアについては説明が必要かもしれない。メディアは、他の3者の考え・意見の内、どれをどの程度取り上げて流通させるかの決定権を持っている。編集権を介して、意見を表明している。また、利害がからんでいる当事者でもあり、公平な立場では無い。

当事者リストは、WikiLeaks以前であれば、この4者で完結したのだろうが、WikiLeaksは2なのか4なのか?このリストから選べと言われたら、ボクは4に含めるしかないと思う。だから、既存のメディアと重要な役割で競合する部分が当然ある。WikiLeaksからコンタクトがなかったメディアは面白くないだろう。コンタクトされても困るメディアもあるだろうが。それよりも、内部告発の仲介者としてのお株を取られる事のほうが、遥かに面白くないだろう。告発者の信頼を失ったのは、既存メディア自身の責任だ。今後は「5. WikiLeaksの様な役割を担う者」も、当事者リストに追加しないといけないかもしれない。その役割自体が、まだはっきりしていないと思うが。

今回の件でよくわかるように、1と4の考えは良く報道され、世論に影響を与えている。2は通常、立場としては非常に弱い個人であったり、せいぜい2−3人のグループだ。内部告発の前・過程・後で大きな影響力が持てる場合は、ほとんど無いだろう。少なくとも告発の時点では、国、社会、世間全てを相手に自分一人という構図を受け入れなければならない。理解し賛同してくれる人が増え、内部告発によって起こった変化が歴史的に評価された場合のみ、ある程度の影響力が出てくる場合がある。しかし、政府や産業界からは、不都合なことをした者という烙印を押され、その後一切お呼びがかからない場合が多いだろう。

内部告発を考える上で、告発を実際に行った人の考えた事は、よく知るに値すると思う。過去に米国で起ったPentagon Papers事件の内部告発者とWatergate事件に深くかかわった人が聴衆の前で行った会話のビデオをたまたま見つけた。Daniel EllsbergとJohn Deanの二人だ。Ellsbergが主人公になった映画が昨年アメリカでリリースされたが、その映画の10分のクリップも最初の部分に含まれている。NixonとKissingerの録音された会話が生々しい。こういうものがリークとしてでなく、だれかが請求したということでもなく、当然の情報公開として出てくるのがスゴイ。(消された部分もあるようだが。)日本ではちょっと想像もつかない。

このビデオ、まだ最初の20分しか見ていないが、お薦めする。他の当事者の意見は多くがすでに普通のメディアに出ているので、敢えてここではリンクしない。これらの事件を知らない人は、40年前にどういう内部告発があり、その結果何が変化したのか調べて欲しい。その上で、他に方法はあったのか、これらの内部告発がされて良かったのか、あるいは、される前にストップされたほうが良かったのか等を考えて欲しい。今はインターネットがあるという違いはあるが、関係者の間のダイナミクスは、本質的に共通する部分が多いだろう。40年前に使われたのとほとんど同じ言葉が今メディアを賑わしている。

FORA.tvに置いてある昨年2009年のビデオだが、それを夜にでも見ようと思う。WikiLeaksが問題になる前のdiscussionであるところが良い。

Whistle-Blowers: A Conversation with Ellsberg and Dean
Open Society Foundations
http://fora.tv/2009/09/15/Whistle-Blowers_A_Conversation_with_Ellsberg_and_Dean#fullprogram

このconversationのスポンサーであるOpen Society Foundationsは大金持ちのGeorge Sorosが設立した財団だ。直接会話の内容に影響があったとは思えないが、財団/Sorosの考えについては、下記のリンクをたどって、自分で判断して欲しい。

ほんとは、Scientificな内容の面白そうなビデオをdictationの教材用に探していたんだが、こういうのがどうしても目に入ってくるんだよね。まともなコンテンツのある所に行けば、本当にいろいろある。そういえば、テレビは最近トンと見ていない。いらんかも。チューナーの付いていない、大型のモニターって家電店で売ってるかな?

----------
以下参考資料へのリンク:
References:

Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg [DVD] [Import] (2009)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00329PYGQ

最近のDaniel Ellsbergインタビュー
http://www.pbs.org/wnet/need-to-know/video/daniel-ellsberg-the-most-dangerous-man-in-america/4021/

http://www.democracynow.org/2010/12/10/whistleblower_daniel_ellsberg_julian_assange_is

Open Society Foundations(George Sorosが設立した財団)
http://www.soros.org/about

2010年12月10日金曜日

William BialekのビデオがFORA.tvに出ている

2010年11月3日に紹介した
http://www.ohzawa.net/2010/11/more-perfect-than-we-imagined.html
Willam Bialek氏の講演ビデオが下記のとおり、FORA.tvから出ている。内容はまだ見ていないので、どうだったとは言えないが、お知らせまで。

More Perfect Than We Imagined: A Physicist's View
The Graduate Center, CUNY
http://fora.tv/2010/11/03/More_Perfect_Than_We_Imagined_A_Physicists_View

2010年12月8日水曜日

Pearl Harbor Day

Today was Pearl Harbor Day (Dec. 7, 1941; Dec. 8 JST). I almost missed it. I never saw any mention of it in a few Japanese media I checked. Perhaps, they were just too busy reporting other more important stories such as the stuff about a drunken kabuki actor who got into trouble. Sheesh.

I only noticed it during my brief daily rounds through overseas media. E.g.,
Pearl Harbor Day 2010: Dec. 7, 1941 Remembered (VIDEO)
http://www.huffingtonpost.com/2010/12/07/pearl-harbor-day-2010_n_793215.html
http://www.huffingtonpost.com/2010/12/07/pearl-harbor-69th-anniver_n_793230.html

They have not forgotten, of course. And how could they? I am just troubled by the fact that there was absolutely no mention of it in Japan, as far as I could see in my limited reading and browsing. This is from the same media that repeat Hiroshima atomic bomb stories every year in August, saying that we should never forget. Yes, the stories about Hiroshima should be repeated. And no, they should not be forgotten. But some reporters even chase down aging former Enola Gay bomber pilots to ask them whether they now feel any remorse. What do these reporters want? Don't they have better, more constructive things to do? That sort of thing is just extremely distasteful to me. And yet, apparently, they can conveniently forget about Pearl Harbor. How could anyone blame Americans if they have never even heard of Hiroshima (if any, that is)? No. I am not talking about which attack is worse than the other or anything like that.  That is not the point.  I am talking about ignorance and the attitudes that tolerate it.

I heard that there are a lot of young and not so young Japanese who do not even know that Japan and the US were at war with each other in the past. How could this happen? With such helpful media, perhaps no wonder. There is even a rumor that we have elected one of those people to the Diet.

I mean, it's the day that this country, in its collective insanity, attacked the country whom we now consider our friend and partner. Is it OK not even remembering it? Did the prime minister's office say anything? Pearl Harbor is one of the main reasons for a lot of problems we now have in the first place: Too many US bases in Japan, particularly in Okinawa, a major chunk of air space strictly reserved for US military aircrafts -- extending from Tokyo to Shizuoka meaning that the sky in those areas is not ours, expensive Host Nation Support for the US military (the so called "Omoiyari" budget, such a brilliant euphemism), and the former prime minister was forced to resign primarily because of mishandling the problem... The list goes on, but I should stop.

Am I asking too much? Am I the one with a peculiar set of values?

All I ask is that we learn and teach our children about what happened in the past, from our points of view as well as theirs. Doing the latter is particularly important, not just about the war with the US but those with China, Korea and others.

I am asking this because the ignorance is extremely irritating.

If you have to resort to reading the history as manga, that's OK with me. You might do that as a start, as long as you also pay attention to views held by our former enemies who are now our friends.

Just to clarify, in my 22 years living in the US, I was never once told anything nasty about Pearl Harbor in any way. So, it's not like they take every opportunity to remind any random Japanese who happens by on the Day about it. Some Pearl Harbor days even came and went quietly without me noticing at all during that time. (I might have been living in the lab, practically. So your experience may vary.)

But having lived in a foreign country for a long time, I do share major irritations felt by non-Japanese about the ignorance of some of my fellow Japanese. Ignorance, I think, is the major reason for conversations turning sour -- ignorance that makes a sane discussion just about totally impossible. I think I understand their irritations. Their worry is that, with such ignorance, how could they even remotely be confident that the Japanese will not do it again? And I too worry about that a lot these days. Because with such ignorance tolerated in the country, any "regrets" that our politicians mention just sound hollow, no matter how many times they are repeated.

These wars happened a long time ago, long before most of us were born. Nobody is demanding your personal apology. (Politicians who represent our country are different, however.) Nor do you have to feel uneasy talking about the history. You are not personally responsible for what Japan did long time ago. Therefore, lighten up. But I strongly feel that we have to know about the history, making damn sure that we learn it both ways: from our points of view as well as theirs.

Perhaps reporting this is not "news" but I wish the journalist part of the media did so if anyone was left. Just one noticeable line is enough: "Pearl Harbor Day today: Dec 8, 1941. Collective insanity, suffering and consequences remembered." We can take it from there.

(Translation of this posting into Japanese is strictly prohibited for any purpose under any circumstances. Copyright 2010 Izumi Ohzawa, All rights reserved.)

Keith Yamamoto: Taking Risks

先日iBioMagazineを紹介したが、
Keith Yamamoto: Taking Risks
http://www.ibiomagazine.org/index.php/issues/august-issue/taking-risks

というビデオを聞いてみて欲しい。Day Science と Night Science。研究が論文になった時には、あるいは研究費の申請の時には、当然Day Scienceの部分を表に出さないと通らない。だから日陰者のNight Scienceについては、普通多くが語られることはない。しかし、面白い研究はNight Scienceとして始まる。

ボクらがいただいている 生命機能研究科のGlobal COEは Day Scienceだけでなく、特にNight Scienceを若い人たちにやって欲しいという想いで付託された研究費だと思う。折に触れて柳田リーダが伝えようとしているのは、Keith Yamamotoがこのビデオで言っている事と同じだ。

Night Scienceを経験した事も無く研究者人生を終わるようでは、何のために研究者になったのか、ということになるほど本質的なことではないか。Night Scienceはできるだけ早く経験したほうがいい。

2010年12月7日火曜日

Web閲覧者のOSシェア

過去一年間に私が関係する大学の3つのWebサーバを訪れた閲覧者(セッションベース)が使っているコンピュータのOSシェアをグラフで示す。左端が研究室、中央は生命機能研究科、右は基礎工学部の生物工学コースのサーバのOSシェアだ。ちなみに、赤はLinux、黄はiPhone。


一般に、Windows/Macの比は9:1と言われており、内部のユーザからのアクセスもおそらく全体の半分程度は占めている可能性があるので、生命機能研究科ユーザーのWindows/MacのOSシェアは半々くらい、あるいは通常とは逆転している可能性もある。

生物・医学系ユーザのMac率はかなり高いという印象を持っていたが、それが実証されている。工学系学部のサーバは、やはりLinuxからかなりのアクセスがある。

2010年12月5日日曜日

教授は踏み台

研究室サイトに置いている「おすすめの英語Videoリスト」に以下の3サイトを追加した。

[10] iBioMagazine
http://www.ibiomagazine.org/
生物系の先端研究者が学生/研究者/教員に向けて話すビデオマガジン:「生物学になぜ数学が大事か」、「英文学専攻から科学者に転向した理由」、「失敗から学ぶ」等、専門的な内容の解説ではなく、科学に携わる者として考えさせる内容のお話。面白い内容が多い。(しかし、イントロのあの音楽は何なんだ?何で演歌のイントロに聞こえるんだろう?)

[11] iBioSeminars
http://www.ibioseminars.org/
iTunes: https://deimos.apple.com/WebObjects/Core.woa/Browse/ascb.org
こちらは、生物・医学系の先端研究者による専門的な内容の講義。
上のiBioMagazineとあわせて、特にお薦めです。複数パートに分かれていて、内容的にはレベルが高いので分野の予備知識が必要だろう。

[20] GRITtv with Laura Flanders
http://www.grittv.org/videos/
このサイトはDemocracyNow!と似ているが、こちらの方が少し負けるかな。これも独立メディアで広告や企業、政府、政治・宗教団体等からのお金を受け取っていないことをウリにしている。独立メディアは多くの場合インパクトの高い映像を撮ってくる事はできないが、インタビュー映像が10秒単位でストーリーの組み立てに都合がよいところだけ選んで編集される多くの大手テレビの番組よりは、遥かに実態がわかる。予算面で独立していても当然そうなのだが、PBSやNHKも含めて、独立していないメディアの報道は特に、フレーミング、扱う内容の選択(誰に意見を聞くかも含む)を疑ってかかるのが当然だ。こういうのを見ると、秒単位の引用で組み立てられた番組等はアホらしくて見る気もしなくなるので、そのつもりで。例えばだが、最近注目を浴びているWikiLeaks (IP Addressでしか現在はアクセスできない) の事を考える時に、大手メディアの流す内容だけに依存することは、避けるべきだと思う。全てのメディアも当事者であるからという理由以外にも。

余談になるが、英語がわかることの一つの効用は、自国のメディアの外にアンテナを張れること。最近特にそう感じる。米国のメディアもひどいのが多いし、特に非営利団体が無制限にpolitical adsにお金を使えるようになってから、spinのひどさは目も当てられない状況だが、それでもまともな情報のソースは見つけられる。メディアだけでなく政治、経済、greed等を含め、外国の酷い状況を見て、それじゃ日本はどうなんだ、同じ事が起っているのでは...と、国内だけで閉じていては気づかない事に気づかされることが多い。

研究関連の話に戻る。10.のiBioMagazineの一つの面白いお話で:
Rob Phillips: A Vision for Quantitative Biology http://www.ibiomagazine.org/index.php/issues/august-issue/quantitative-biology
がある。(他にも、非常におもしろそうなトピックの話しが多くあるので、是非どうぞ。)

研究室のKSS君が紹介してくれたものだが、この一部の3分くらいを大学のグループでやっているDictationの課題にしている。共感するところが多いので、ぜひ全部を聞いて欲しい。例えば、一つの目安として、大学院生がある分野に飛び込んでから、先端で何かどんどん研究を進めて行けるようになるまで10,000時間が必要だという説を引用している。毎週100時間くらいやったとすると、2年。自分や多くの人たちを振返ると、そんなもんだろうなという気がする。

長いようで、短い時間だ。それくらいで、学生は多くの面で教授や指導している教員を超えていく。日々、実験をやり、ソフトウエアのソースコードをいじり、データを実際に解析して、本当に細部までわかっているのは、大学院生やポスドクたちだ。いくつかの面や総合的な点では、まだまだ彼らには負けないぞと自負している所もあるつもりだが、だんだんとそれが少なくなって行く。ボクの場合には、手を使う必要があることでは、最終的にはそれが実験装置の修理とか研究室サーバの面倒を見る、排水の詰まりの対応とか、要するにトラブルシュータ的な事くらいになるのかもしれない。実験システムのソースコードも、まだいじれるつもりだが。「オレ、手術のウデが落ちたかな?」という問いに対して、「はい」という答えが躊躇無く返ってくるのも、まあ仕方が無い。目のオートフォーカスがダメになってしまったことも、大きな原因だ。それにしても、あれだけチャチな携帯カメラでも普通にオートフォーカスになっているのに、何でいまだにオートフォーカスのfashionableなメガネが無いんだろう?

もちろん、論文を主となる著者である学生・PDと一緒に編集したり、図をジーッと見ながら考え込んだりすることも重要で、それがここ数年楽しいと思えるようになってきた。こっちの方は、corresponding authorとして、まだ当分やらせてもらうつもりだ。

誰だって、自分の先生を一つのことで超えるのは簡単だ。速い場合は、1時間で可能なことだってある。手術のある部分の良いやり方がわかった、OpenGLの使い方のある部分がわかった、Matlabのある関数を解析ソフトに組み込んだ、競合研究室が出したあの論文の図3のプロットが正しいことを実際に計算して確かめてみた等。そうしたことを、何年か積み重ねて行けば、もうそろそろ先生はいらないかなと思えるようになるだろう。先生は研究費だけ取って来て下さい...で。そうならなくてはいけない。教授は踏み台。どんどん踏み越えて行って欲しい。(Mかよ:-)

それで今日、あなたは何に関して先生を超えたと思う?

2010年12月4日土曜日

お薦めの英語スピーチ

前回からもう一ヶ月たっていました。

最近聞いた(見た)英語スピーチから、良いと思ったもの2つ紹介します。
両方とも深刻で切実な問題を扱っています。それだけに演技ではない熱がこもっています。

[1] U.S. Senator Bernie Sanders (I. Vermont) CSPAN2 2010-11-30
Independent, Vermont
Extending Bush Tax Cuts?
"War Against the Middle Class"
http://www.youtube.com/watch?v=H5OtB298fHY
http://www.c-spanvideo.org/program/SenateSessionPart128
(2:29:00 - 2:42:00) Program ID: 296808-1

もちろん米国の減税措置延長の是非の話しなのですが、この議論は程度の差はあっても今後まったく同様に日本でも問題になってくるでしょう。共和党でも民主党でもないIndependentのバーモント州上院議員であるSanders氏、全くの正論を言っていると思うのですが、何事もなかったかのようにメディア報道や世論には上らず、無視されて行くのでしょうね。

[2] "We are no longer that generation that doesn't care."
Coalition of Resistance conference | 15-year old School Student | 27 Nov 2010

英国では政府の教育予算と就学資金援助のカットに反対する高校生〜大学生のデモで、かなり大変なことになっていますが、15歳の少年が行ったこのスピーチを聞いてみて下さい。1カ所、ちょっと意図を測りかねる部分がありますが。