2011年1月27日木曜日

English Dictation課題 #110

新しいEnglish Dictation課題 #110です

AppleのiTunes必要:下記のVideo Podcast
Bill Moyers Journal (video) PBSの21と23番(Released 2010/3/19)

Dr. Jane Goodall Part 1: Bill Moyers Journal (PBS) (Released 10/3/19) 2009-11-27
http://itunes.apple.com/jp/podcast/dr-jane-goodall-part-1/id272520089?i=81674108
09:18から4分15秒間
"Well, some people have reached the conclusion that war and violence..."で始まって、"... I can do it too.  And that is just right."で終わる部分。

Dr. Jane Goodall Part 2: Bill Moyers Journal (PBS) (Released 10/3/19) 2009-11-27
http://itunes.apple.com/jp/podcast/dr-jane-goodall-part-2/id272520089?i=81674107
13:06から3分28秒間
"And if everybody stopped, if everybody gave up ..."で始まって、"is there a disconnect between this incredibly clever brain and human heart, love and compassion?"で終わる部分。

このお二人、純粋でなぜか「かわいい」と思います、失礼だとは思いますが。少年と少女のこころを持ったまま、年を取る事ができた人たち。新しいBill Moyersのインタビューが聞けないのは残念。

どちらか、あるいは時間があれば両方どうぞ。
.

English Dictation課題 #109: Sample result

English Dictation課題 #109 (2011年1月20日木曜日出題)
http://www.ohzawa.net/2011/01/english-dictation-109.html

Incoming GOP House Chairs Plan to Investigate Climate Scientists...
http://www.democracynow.org/2011/1/3/incoming_gop_house_chairs_plan_to
タイムカウンターの20:08から3分45秒間:
--

Goodman:
Let's turn to John Shimkus of Illinois. He is the new chair of the Subcommittee on Environment and Economy. In a March 2009 hearing, Shimkus dismissed the existence of global warming by citing biblical scripture that says "God would not allow the earth to be destroyed."

Shimkus:
So I want to start with Genesis 8 verse 21 and 22.

"Never again will I curse to ground because of man, even though every inclination of his heart is evil from childhood. And never again will I destroy all living creatures as I have done. As long as the earth endures, seedtime and harvest, cold and heat, summer and winter, day and night, will never cease."

I believe that's the infallible word of God and that's the way it's going to be for his creation.

The second verse comes from Matthew 24.

"And He will send His angels with a loud trumpet call and they will gather his elect from the four winds, from one end of the heavens to the other."

The earth will end only when God declares its time to be over. A man will not destroy this earth. This earth will not be destroyed by a flood.

And I appreciate having panelists here who are men of faith and we can get into the theological discourse of that position. But I do believe God's word is infallible, unchanging, perfect.

Today we have about 388 parts per million in the atmosphere. I think, in the age of the dinosaurs we had most flora and fauna, we were probably at 4000 parts per million. There is a theological debate that this is a carbon-starved planet. Not too much carbon.

Goodman:
That's the Illinois Republican Congress member John Shimkus, the new chair of the Subcommittee on Environment and Economy. Ryan Grim?

Grim:
Yeah. And what's really remarkable about that clip that you just played, is that it wasn't something that was, you know, surreptitiously recorded at some obscure Christian conference where he thought he was speaking just to the faithful.

That comes from a Congressional hearing, where you have scientists that come before the panel in order to talk about the dangers of climate change and that's his response. And that's one of the scariest things about the take over of this committee..., because there isn't a lot of time to reverse climate change as he said. The carbon concentration is approaching 400 parts per million. It's probably gone beyond, according to most scientists, the threshold by which there start being these feedback mechanisms that just send climate change over a cliff.

So it's going to be extremely hard to get carbon emissions to start reversing when you have people who are just quoting the Bible as their scientific policy.

Now Shimkus and Upton are going to be going after the EPA(*1) which is the last chance that U.S has to turn around carbon emissions at least at this point.

And Shimkus almost became the committee chairman. He gave quite a run against Upton to get that chair and that's one of the things that drove Upton so far to the right.

Now I followed that race pretty closely and it was always a long shot but his goal was to raise his profile which he did and to put himself as the next in line behind Upton when he moves on, because House Republicans have term limits where you can only serve three terms as chairman so we could see him as chairman of the committee overseeing the energy industry.

--
*1: EPA: Environmental Protection Agency
.

2011年1月25日火曜日

XXをすると脳が活性化する?

科学の基本の一つは、疑ってかかる事である。だから、「科学的」と思わせる情報をまず疑ってかかる事に弁解の必要は全く無い。

「XXをすると脳が活性化する」という表現を見たら、まず疑ってかかることをお勧めする。この表現を見たら、少なくとも、よ〜く眉に唾を擦り込むか、塩の粒をたくさん摂取してから、内容を見たほうが良い。全てがエセ科学だとは言わないが、まずは疑ってかかる事に害はない。科学者ではない皆さんも、軽々しく脳科学に色んなことの「お墨付き」を求める傾向を改めて欲しい。

一般に良いと言われている事で、楽しいこと、ワクワク、ドキドキする事、注意や集中力が必要なことをやれば、脳は使うだろう。楽しいことは体にも心にも良いだろう。そんなことを言うのに計測器を持ち出す必要があるのか?それに証明は簡単では無い。そもそも楽しい事をやるのに、別に科学者の「お墨付き」は必要無いのでは? どんどんやればいい。脳活動に、別に特定の「XX」が必要なのではなくて、楽しいから、ワクワクするから、ドキドキするからではないのか?少し考えれば、変だと思うでしょう。

最近はテレビ番組だけでなく、このあたりでは誰でも知っている名のある公共性の高い大企業でさえ、脳科学者を引っ張りだして来て怪しげな一見ポジティブっぽい「共同研究」を行ったりしている。あまりに目に余るので、脳の研究に携わる者の端くれとして、最近は「脳科学者」とは決して呼ばれたくないと思うほどだ。特に公共性や影響力のある大企業の方は、いい加減なことを広報活動に使っていないか、良く考えて欲しい。

結論としては、だから「脳が活性化することしよう」ではなくて、「ドキドキすることしよう」と言って誘おう。
.

2011年1月22日土曜日

武器輸出三原則を緩和する前に

武器輸出三原則を緩和する前に、皆さんによく考えて欲しいことがある。アメリカのようにならないために。昨年の暮れ、この話しが持ち上がったが、その時は無理ということになって先送りされた。特にニュースになっていない今が、落ち着いて考えられる時。

50年前のちょうど今頃、アイゼンハワーからケネディ政権への移行があった。心ある米国メディアは、その時のアイゼンハワーの大統領退任スピーチを引用して振返っている。50年前のアイゼンハワーの警告が、その通りになっていると。全く希望が失われたわけでは無いが、悲観的な記事が多い。アイゼンハワーが大統領の職にあった時にはとても言えなかったメッセージを、最後にfarewall speechとして米国民に送ったビデオがある。"Military-industrial complex"という言葉は、このスピーチで初めて使われたのではないかと思う。

忙しい人は、NPR (National Public Radio)の下記のリンクのラジオ番組のMP3ファイルを聞いて欲しい。Morning EditionとAll Things Consideredという非常に評価が高い2つの番組だ。

All Things Considered 2011-01-16
Eisenhower's Warning Still Challenges A Nation [11:18]
http://www.npr.org/2011/01/16/132935716/eisenhowers-warning-still-challenges-the-nation

(このリンク先に、YouTubeに置いてある質の悪い白黒のスピーチビデオへのリンクがある。)

Morning Edition 2011-01-17
Ike's Warning Of Military Expansion, 50 Years Later [6:53]
http://www.npr.org/2011/01/17/132942244/ikes-warning-of-military-expansion-50-years-later

1961年のアイゼンハワーの警告は、当時の米国にとってさえ、「時既に遅し」だったと言われている。Obama政権でさえ、今更これを何とかできる力があるとは思えない。しかし、日本にとっては、まだ間に合うはずだ。

産業界の事情やNational Securityの観点からしか、武器輸出三原則の緩和の議論がされていない事を危惧している。平和主義の観点からという話しは別にして良い。ボクが一つ特に気になることは、ハイテク兵器の共同研究開発にかかわることが、科学研究と技術開発全体にもたらす悪影響についてだ。あまりその観点からの発言がアカデミアや科学技術政策に関わる偉い人たちから聞こえない事を危惧している。当面は限定的にMDシステムとかの共同研究だけを考えているつもりかも知れないが、本当にそれで済むのだろうか?

武器関連の研究開発は知と人的資源のブラックホールではないだろうか。小さく始まっても、自己増殖する性質がある。少しでもそれに触れる科学技術と研究者・技術者は、飲み込まれて、それ以後表にでてくることはない。飲み込めば飲み込むだけ、さらに強大になり民主主義をゆがめる。その成果や製品も、本来本当に使われる事があってはならない物。そんな物を作っている余裕があるのか?これらの点に付いては、いずれ回をあらためて書こうと思う。

ボクがこんなことを書いても、どうにかなるものではないが、偉い方々だけでなく国民の皆様、熟考をお願いします。

他にも関連するURLをいくつか置く:

US News and World Report: Robert Schesinger 2011-01-12
Eisenhower's 'Military-Industrial Complex' and JFK's Inaugural
http://www.usnews.com/opinion/articles/2011/01/12/eisenhowers-military-industrial-complex-and-jfks-inaugural

DemocracyNow! 2011-01-20
Fifty Years After Eisenhower’s Farewell Address, A Look at "Prophets of War: Lockheed Martin and the Making of the Military-Industrial Complex"
http://www.democracynow.org/2011/1/20/fifty_years_after_eisenhowers_farewell_address

Part II
http://www.democracynow.org/blog/2011/1/20/part_iififty_years_after_eisenhowers_farewell_address_a_look_at_prophets_of_war_lockheed_martin_and_the_making_of_the_military_industrial_complex

Boston Globe 2010-12-26
From the Pentagon to the private sector(米国軍人の天下り)
http://www.boston.com/news/nation/washington/articles/2010/12/26/defense_firms_lure_retired_generals/

http://meteorologicalmusings.blogspot.com/2011/01/50th-anniversary-of-dwight-eisenhowers.html
.

2011年1月20日木曜日

English Dictation課題 #109

新しいEnglish Dictation課題 #109です。#108は都合でスキップします。そのうちまた。

米国では年末の下院議員選挙で共和党が勝ち、多くの共和党議員が議会の各種委員会の委員長を取っています。Obama大統領と民主党は、他のことで手一杯でこういうのを止められないのでしょう。政治に限らず、日本でも多くの事が本当にヒドい状況ですが、米国もそれ以上にヒドいことになっているという一例です。日本ではあまりニュースになりませんが、これまでも地球温暖化等の環境問題に関して、ほとんどやる気が見えなかった米国の環境政策が、さらに後退することは目に見えていると思わせるビデオです。まったく、あいた口がふさがらないというのは、このことです。きっと神様もあきれている。環境問題に関しては、真剣に考えている方が多いと思いますが、怒りを持って下さい。

感情をゆさぶられる内容は英語学習にプラスです。時にはそれが怒りであっても。いつも腹のたつ内容では身が持たないですが。英語で書かれた、あるいは話される内容を無批判にうけいれることだけは、絶対やめよう。必要な時は、英語で言い合いできるくらいになってほしい。

Incoming GOP House Chairs Plan to Investigate Climate Scientists...
http://www.democracynow.org/2011/1/3/incoming_gop_house_chairs_plan_to

タイムカウンターの20:08から3分45秒をdictation してください。
"Let's turn to John Shimkus of Illinois..."から始まって、"... we could see him as chairman of the committee overseeing the energy industry."で終わる部分です。

Transcriptもありますが、見ないでやりましょう。
.

English Dictation課題 #107: Sample result

English Dictation課題 #107(2011年1月6日木曜日出題)
http://www.ohzawa.net/2011/01/english-dictation-107.html
の解答例です。最近まで、出張やちょっとヘビーな仕事があって予告した日に解答例をアップできませんでした。ごめん。次の課題は#108はスキップして、#109に行きます。

When Leaf-cutters Can't Cut It (Science Friday)
http://www.sciencefriday.com/videos/watch/10353

---
You know the fable about the ant and the grasshopper. Grasshopper wiles away the summer singing and dancing. Meanwhile, ant toils and stores food. When winter comes, grasshopper is unprepared. Ant, on the other hand, lives large. This is presented as a cautionary tale. But it seems important to know the details of the toiling.

New research on a species of leaf-cutter ants fleshes out the fable.

They go out and cut leaves and then carry these little disks of leaves back to their nest. And, like tiny farmers, they grow a fungus on the substrate. And this fungus they feed to their offspring.

That’s Robert Schofield and a colony of leaf-cutter ants he keeps in his lab. And he’s a biophysicist. He’s particularly interested in the mechanical properties of the ants’ mandibles and how the ants cut.

They look like little artisans, you know. They are not automatons. They kind of put their weight into it and push and pull and saw and drag their blades.

Think about what the ant is up against here.

For a small ant, a vein is like a log.

So, it’s a good thing that the mandible start out sharp. In fact, they are as sharp as your sharpest razor that you can buy in a store.

How does Schofield know that?

If you zoom way in on the edge of the knife, you start to see a curve. It starts to look rounded.

If you took that curve and continued it, it would create a circle. The radius of that circle is a measure of sharpness. So, the smaller the radius, the sharper. But over a leaf-cutter ant’s one-year life span Schofield says those mandibles get duller and, not surprisingly, the cutting gets harder.

For ants with average wear of their mandibles, it requires twice as much force to cut with than when that mandible was sharp as a razor blade.

But at least in the colony the researchers observed when the ant couldn’t cut it, they got some relief.

The ants with the most worn mandibles tended to carry instead of cut.

They graduated to a job that suited them better. This is one of the advantages of living in a colony, Schofield says.

Because they are social, they don’t all have to cut.

The moral of this story?

Even when you are incapacitated, you can still contribute to the society. Even if... If you are on your own, you die.

Aesop could have written it himself.

For Science Friday, I’m Flora Lichtman.
---
.

2011年1月8日土曜日

Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg [DVD, 2009]

ベストセラーには全く興味が無いので、この休みにはマイナーな輸入版のドキュメンタリーDVDを見た。米国版だけれど、映画とかのDVDとは違って、region code制限はかかっていない。Amazonの記述ではregion code:1だと書いてあるけれど、どこの国のプレーヤーでも再生可能。Amazonさん、ちゃんと確認して書いてね。(Affiliateはやってません。)

Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg [DVD] [Import] (2009)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00329PYGQ

ボク自身は内部告発するような情報は何も持っていないが、日本と米国の大メディアの劣化のヒドさを目の前に突きつけられて、少しはジャーナリズム、メディアに興味を持ったから。このDVDの日本語字幕版が出るかどうかは知らないけれど、英語で構わない方にはお薦めする。

今年はこれからWikiLeaksから日本関係の米国外交cablesが出てくるだろうし、アーだコーだと色んな人が何か言い始める前に、少し免疫を付ける意味で予備知識を仕入れておこうと思った次第。

内容は1960年代に起ったDaniel Ellsbergが内部告発したPentagon Papers事件をEllsberg本人と夫人、関係者のインタビューと記録ビデオや録音で構成したドキュメンタリー。Pentagon Papersというのは、ベトナム戦争に関する数千ページにおよぶ極秘報告書で、勝てる見込みが無いとわかっていながら米兵にもベトナムにも多大な死者を出す戦争を長く続けて来たことが分かる内容。これをEllsbergと少数の協力者が内部告発した事件だ。言論の自由を規定する米国憲法修正第1条の判例を作った事件でもある。泥沼化した戦争の実態を国民が知った事で、終結を早めたとされている。これが起った時は、ボクは小〜中学生。ラジオ少年だったボクは、学校ではこうしたことには全く興味がなかったので、40年後ではあるが矯正的な歴史・社会の学習と言う事だろうか。興味があったとしても、授業でやったとは思えないが。

内部告発自体には直接関係しない点で、特に印象に残ったことを以下に。

※ Ellsbergが告発後にメディアからマイクとカメラを突きつけてられて取材されている時、いつも美しい夫人がそばに寄り添っている。結婚したばかりの夫が150年の刑という可能性もあるのに、夫を誇りに思い微笑んでいるように見える。

※ 当時の米国の新聞はジャーナリズムの担い手としてスゴかった。Pentagon Papersを報道したNew York Timesが裁判所から出版差し止めを食らったとき、バトンを引き継ぐようにWashington Postを始め大手新聞が全て報道を始めて、止められなくなったこと。今のNYTに同じ事ができるとはとても思えない。10年に一度くらいは出版差し止めを食らうような新聞を読みたいものだ。無理だろうけど、せめて出入禁止くらい、ちゃんと仕事をすれば当たり前の事として食らうようであって欲しい。

※ 当時のニクソン大統領とスタッフのホワイトハウス内で録音された会話記録。
"For once, we've got to use the maximum power of this country against this sh*t-a*s little country."(ベトナムのこと; *の文字が分からない人は、勉強しよう。)

キッシンジャーとの会話で:
"I'd rather use a nuclear bomb. Have you got that ready? ...
A nuclear bomb, does that bother you? I just want you to think big, Henry, for Christsakes."

これはもちろんキッシンジャーがあわてて止めているが、ニクソンの本音を聞いて連想した事:

広島・長崎から20年以上たって、核兵器がどういう物かを良く知っているはずの米国大統領(発射のための暗号鍵を常にそばに置いていると言われる)がこう言っていたことが衝撃的。米国の領土を直接攻撃したことが無いベトナムに対してさえ、こうなのだ。1945年当時の大統領がこういう言葉で日本のことを呼んだかどうかは分からないが、政治家/軍人も含め、多くの人が日本に対してこの言葉のような感情、あるいはそれ以上の感情を当時持っていたとしても、全く不思議では無い。(断っておくが、だからといって20年以上を過ごした米国とそこに住む人々への親近感と感謝の念が変わる事は無い。)

今でも8月が近づくと、原爆が少しは話題になり、原爆は戦争を早く終結させたか、犠牲を少なくしたか、といった議論がまだ時々聞かれるが、そうしたファクターがあの時の投下の決定に一体どれほど考慮され得たのかを考えてしまう。5%?敵意と憎悪という国民感情を背景にし、当時で20億ドルという開発費をかけた2種類の新兵器の実戦テスト、日本ではなく他国への示威という面が、実際に使わなければならなかった理由とされる。原爆投下が必要だったという主張を否定することも含めた、その議論に全く意味が無いとは言わないけれど、不毛だ。本当はその先にある、もっと別のことを考えなければならないと思う。
.

2011年1月6日木曜日

English Dictation課題 #107

新しいEnglish Dictation課題 #107です。このビデオも同僚のco-curator, KSS氏が見つけてきました。

When Leaf-cutters Can't Cut It (Science Friday)
http://www.sciencefriday.com/videos/watch/10353
元々3分弱と短いので、これ全部です。

葉っぱを切るためにアリの口にはハサミ?が付いていますが、これの刃先がなまって葉っぱを切れなくなったアリはどうするのだろう、という内容です。Sample resultは12日頃掲載予定。
.

English Dictation課題 #106: sample result

2010年12月29日(水)出題のEnglish Dictation課題 #106の解答例です。
http://www.ohzawa.net/2010/12/english-dictation-106.html

The Secret Life of Scientist and Engineers -- Mollie Woodworth: Neuroscientist (PBS NOVA)
http://www.pbs.org/wgbh/nova/secretlife/scientists/mollie-woodworth/

-------
#106A
My lab studies the development of different types of neurons within the mouse brain. And these nerve cells are neurons. There are thousands of different types of them within the brain. I study the development of one kind of neuron that sits in the brain and sends information to the spinal cord. And by learning about the development of these neurons we’re hoping that we can maybe make them in a dish and transplant them to cure people who are suffering from, for example, Lou Gehrig's disease or to cure people who have suffered something like spinal cord injury. 

---
Lou Gehrig's disease: or Amyotrophic lateral sclerosis (ALS)

-------
#106B
When I was in high school I wrote, you know “In ten years I’m going to be doing my Ph.D in biology at Stanford University”. And then one of my teachers told me “Oh, in California they have earthquakes.” I kind of had a problem with that so I ended up here in Boston. And it has worked out well; there have been no earthquakes so far. 

So I’m now a graduate student and my thesis lab is working on the development of the cortex in the mouse which is the part of the brain that is on top and is the seat of all the higher cognitive learning and thinking.

One thing that really gets me jazzed about my work is that essentially, we’re studying this organ and it’s a computer but it’s made out of meat. There are thousands of different types of cells and we’re studying how they develop and how they’re different from each other. The idea is that if we can produce healthy neurons that then we’d be able to treat or possibly cure diseases like Lou Gehrig's disease. 

We know that there are certain proteins that are expressed specifically in different types of neurons. So I took my slice of brain; we can slice it on a machine that is sort of like a deli slicer. And I looked at it under the microscope and so I could see that some cells were green and some cells were red. So you know, some cells had one protein and some cells had another protein but none of them had both. 

To me that meant that they used to be one protein but now they've diverged and they do two different functions. I knew this and no one else in the world, you know, even other members in my lab. 

And then I had to go home. So I’m standing there on the subway car really excited about this experiment. And I was bouncing up and down. I mean I was so excited. And I was just thinking about the fact that like, of all the people on the subway car, I am the only person who knows what the expression pattern of CTAP2 and CTAP1 looks like.

And I just thought to myself I’m just going to raise my hand and I’ll say “People! CTAP1 is expressed all through layer 6 of the cortex”. You have to be careful in Boston because you never know. Maybe somebody from another lab who knows these things is actually on the subway car.
---
(Curator: KSS, Dictation: Moi, Touch up: Izumi)

特にコメントは無いですが、時にはこんな風に元気におかしく話しをできたらいいと思います。
.