2012年6月20日水曜日

米国エネルギー省の放射線実測図を放置したのは朝日新聞を含むマスコミだ


朝日新聞の6月18日の記事:
米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず
http://www.asahi.com/politics/update/0618/TKY201206170453.html
に関して、もっぱら政府と文科省に批判が向けられていますが、私は政府以上に最も責任が重いのは朝日新聞も含めたマスコミだと思います。

昨年の3月23日には問題のデータは米国エネルギー省のHPから公開されていました。特別に情報ルートなど持たず取材もできない私でさえも、マップを含むパワーポイントファイルをダウンロードして詳細に見ることができました。そこが他の隠蔽と違うと思います。朝日新聞はもちろん、多少でも情報収集能力があるマスコミならば(米国政府が公表していたものを、日本政府が公表しなかったから知らなかった、あるいは伝えなかった等と言う様なマスコミは即刻廃業してください)、この地図を持って専門家に意見を聞き、その見立てを報道できたはずです。子供だって、一目見ればどこが危険かわかる汚染地図です。

朝日新聞は(他のマスコミもですが)、エネルギー省の汚染マップを記者会見で枝野氏につきつけて、「飯館村を避難させなくていいのか?」と3月23日の時点で問いつめられたはずです。それなのにそうしなかった。知りながら何もせず、不要な被曝を起こした。

官邸もこの件を知らなかったはずはないのです。少なくとも米国エネルギー省のNNSAが33人のチームを送っていたのは、知っていたはずです。

New York Timesの3/17日(米国時間)の記事で、米国が計測機材を持ち込んでの空からの放射能計測をしたいと提案したが、日本政府の誰かが最初は抵抗したとあります。文科省に、この米国の提案を断れる権限を持った人はいるでしょうか?私は官邸の誰かが断ったと思っています。一度は断ったのですから、知らないわけがありません。その誰かはNNSAの結果を注視していたはずです。
http://www.nytimes.com/2011/03/18/world/asia/18intel.html

ホワイトハウスでの会見でもこの航空機計測のことは詳しく説明されています。
http://www.whitehouse.gov/photos-and-video/video/2011/03/17/press-briefing

国もマスコミも汚染地図のデータを知りながら意図的に無視したということです。官邸もマスコミも同罪です。

朝日新聞はたった1回NNSAの汚染地図をひっそりと掲載したくらいで、役目を果たしたとでも思っているんでしょうか?政府の放置を批判できる立場では無いはずです。

昨年の3月22日頃から、下記過去ログのように米の放射線実測図の存在に気付いていた者の一人として、声を上げたつもりですが、政策を変える力を持った方には読まれなかったということでしょう。申し訳ありません。

--
参考:
米国エネルギー省の放射線実測図に関する私の昨年のブログエントリー
2011-03-18:
http://www.ohzawa.net/2011/03/nnsa.html
2011-03-24:
http://www.ohzawa.net/2011/03/ams.html
2011-04-19:
http://www.ohzawa.net/2011/04/nnsa-ams.html
2011-05-04:
http://www.ohzawa.net/2011/05/nnsa.html
2011-05-07:
http://www.ohzawa.net/2011/05/doe.html

2012年6月16日土曜日

NHKも大手新聞もその他TVも、二度と信頼する事は無いと誓う


11,000人の官邸前での抗議を無いことにした、NHKも大手新聞もその他TVも、2度と信頼する事は無いと誓う。NHKの偏向は、大越健介氏だけではないし、彼が辞めトップが入れ替わっても、2度と信用しない。これらの腐敗したメディアが潰れて、代わりの独立メディアに置き換わることを切に望む。

現在の政権が引き摺り下ろされ、メディアが口を拭って少し反省したそぶりを見せても、もう遅いと知るべきだ。昨日のことは決して忘れない。

心あるジャーナリストは覚悟を決めて泥舟を捨て、まともな独立メディアを作って欲しい。

Anti-Nuke protests in Japan gain momentum, but still ignored by the media and the government


The YouTube video linked below captures a massive (for a Japanese standard) turn-out of protesters in front of the Prime Minister's Office, numbering 11,000 people. The government has made a decision last night to give a go-ahead to KEPCO to restart two nuclear reactors in Fukui near Kyoto/Osaka (~40miles). The coastal area north of Kyoto, nicknamed "Nuclear Ginza" after the busiest district in Tokyo, has 14 nuclear reactors all concentrated in a 50-km radius.

This is a reckless and totally irresponsible decision, endangering the entire population of Japan. It is such a small country with nowhere to go once even one reactor blows after Fukushima had already eliminated 1/3 of the habitable land. One goes, and the remaining 13 will follow in time because radioactive leak will block access to all of them. After the Fukushima nuclear accidents, safety reviews identified tens of weak points and suggested retrofit work. Only about half, easy ones, have been done. The nuclear plants are still in no shape to be restarted. (Even if they are completed, they are not safe, in my opinion, as long as they are located on this earthquake infested land.)

Despite the massive turnout, Japanese major newspapers and TV stations are blocking the news of this protest, and keeping old folks and those who rely only on the traditional media in the dark.  Only those who pay attention to Twitter time-lines and independent journalists know what's happening.

In a way, the media situation here in Japan is worse than Egypt and Tunisia where everyone knew that the government was corrupt, and nobody trusted the tainted media. Whereas in Japan, there are still some, maybe the majority, who still believe the major media and the government.  Please let them know by whatever means you have.

The video below was by a woman with the twitter name @emi_mumemo, last night on June 15, 2012. She was overcome by emotion in the middle and could not stop crying. This is really a moving video. I wish I could join them in Tokyo.

The repeated chants you hear in the video, "Saikadou Hantai !!(再稼働反対)" means "No Re-starts" (of nuclear power plants).

I have little power to influence anything much alone, but I know this is a critical moment for Japan. A make-or-break moment for true democracy. Yes, what we've had was a "fake," a well-concealed fake. I cannot go to most of these anti-nuke rallies, but at least I can speak up a little here.

2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人!!!@首相官邸前
http://www.youtube.com/watch?v=WCr6rMpvDic

ビデオの説明から:
「hyperballad2011 さんが 2012/06/15 に公開
2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人もの一般市民の方々が首相官邸前に集まり、抗議をしました!抗議行動の中央から最後尾までを撮影しました。(中­央から前の方に延びる列もあったので全てではないですが、おおよその雰囲気は伝わると思います。)あまりの感動に号泣してしまい、私の泣き声が入っています、すみません! 撮影@emi_mumemo」

For more, just go through the "related videos" in the column on the right on YouTube.

P.S.
Oh, BTW, Just to be sure: don't trust the Japanese media and the announcements by the Japanese government. I am sure you know that already.

2012年6月9日土曜日

Insanity of the top leadership of the country


Last evening, the Japanese prime minister supposedly "explained" to us that nuclear power plants are necessary. How many of us actually believe anything what he says now, zero? Does he believe what he is saying himself?

The fact is that the "necessity" is solely for keeping the finances of KEPCO (Kansai Electric  Power Co.) and other power companies solvent on books, not really for electricity supply. Supposedly, as soon as it becomes obvious that nuclear power plants are useless, they magically turn into non-assets from assets.  Since everything, from revenue to power charges to households are computed based on the total assets and costs, their finances will be in trouble. Well, we already know THAT after 3.11. Not only have the nuclear reactors become non-assets, but they actually became huge negative assets, i.e., liabilities of close to infinity, because people do not want those things to exist any longer anywhere in Japan. Everywhere in Japan is our back yard. The KEPCO situation probably is the most serious, since they had foolishly built nuclear power plants more than other power companies in Japan. Regardless, that doesn't justify at all what they and the government are trying to do: to make false representations that those toxic generators of radioactivity are assets.

Therefore, the supposed necessity has nothing to do with the power supply and demand situation. The power supply for this summer is tight, but it seems we have just enough, nothing we cannot overcome by reducing consumption during peak summer hours.

Every time a new prime minister comes into power, I've always thought to myself that this is the worst ever in history. Wrong! Those guys keep getting worse every time a new person is sworn in. Someone in the US government used the term "loopy" to describe our former prime minster Hatoyama. Nah! He was a bit strange but within the normal range.

I now pronounce that we truly have a loopy prime minister, who doesn't think twice about endangering Japan and the rest of the world with an order to restart two nuclear reactors in Fukui, about 50 miles from Osaka. Those reactors are not even ready, more than half of recommended retrofits still to come over the next few years.

I wish I had psychokinetic powers, with which I could jam the control rods in place so that we can maintain ZERO nuclear power that we have now.

With anger that actually helps me maintain some sanity.

粉飾決算を維持するための原発再稼働

ご無沙汰しておりました

最近はずっとTwitter ( @izumiohzawa )の方に棲息していました。しかし、原発を含めたこの国の状況は、ますます酷くなってきていますね。いつまで、こんな「戦争モード」での国の運営が続けられるのでしょうか?これから100年くらいはずーっとでしょうか?

1年前は、旧ソ連よりはまともな対応がなされるだろうと思っていましたが、甘かったです。これほどムチャクチャなことができる国だとは思っていませんでした。関東・東北の人々を助ける事ではなく、旧権益システムの温存のためだけに、全てのリソースが投入されています。

原発など無くても、電気くらいやりくりできる自信を多くの人は持っているはずで、その気になれば市場メカニズムによりピーク電力くらいどうにでもなるのに、敢えてそうしない。

電気が足りないからではなく、再稼働しないと、つまり、原発とその燃料を含めた付帯システムが使えないと、会計上それらが資産で無くなってしまうというバカげた理由で、国は再稼働を決めました。しかし、実際には、関西電力を始めとして電力会社と国のやっている事は、もう完全な【粉飾決算】です。会計規則上はどうであれ、再稼働しないと決まってから、資産としての価値がゼロになるのではなく、実は最初からマイナス無限大に近い負の資産だったのを、これまでは、あたかもプラスであるかのように見せかけていただけですね。もう、国全体にとっては、あんな物は簡単に始末する事もできない巨大な負の資産です。

いずれにしても昨年の3.11で、その実情がバレてしまいました。ですから、原発が稼働状態にあるかどうかに関わらず、元々原発の価値はほぼマイナス無限大です。それを隠す産業界と国をあげての粉飾決算は、もう続けられるわけがありません。即刻止めてください。粉飾決算のための再稼働なんて、日本終了の危険を冒すようなバカなことを止めて、原発は巨大な負の資産だと今すぐ認識すれば、まだ救われる道は残っています。