2016年1月25日月曜日

何もしないためなら何でもする

これは、本当にそうですね。

→→→「何もしないためなら何でもする」

放射能汚染に関して、本来やるべき施策をやらないで済ませるために、

多くの国側の人間がやってきたこと:

ベラルーシの隠蔽方法を調べ、

この程度は大丈夫だと言ってくれる学者を探し出し、

IAEA傘下の国際機関の報告書などから「健康被害の明確な証拠は無い」などの部分を調べ上げ、

中高の副教材を作って身近で役に立つ放射線だと教育し、

人々の訴えは権限の無い役人に聞き置かせ、

被害者分断のための線引きをあれこれ考え出し、

収束宣言をして作業員の手当てをカットし、

もう普通に住めるのだから避難の補償は終了と言い渡し、

ガンの医療情報を隠蔽する法律を作り、

TOKIOの「食べて応援」のコマーシャルを作らせ、

子供達に給食で食べさせ、

それに補助金を出し、

ちょっとでも厳しい質問をしてくるジャーナリストは寿司友の社長に番組から降ろさせ

(まだまだあるはずだけど)...


何もしないための逆方向を向いたこれらの仕事のために、経産省、環境省、農水省や電通やメデイア企業でどれほど多くの人間が高額の給料をもらいながら、被害者の希望を打ち砕くために毎日仕事をしていることか。熱心に。それに仕事が速い。

被害者や国民の希望していることには仕事が遅いか放置だが。

というより、あれこれ理由をつけて、希望や要求を却下することが、仕事なのだから。吸い上げた税金は却下のために使われていると言っても良い。

大した国だよ、本当に。こういうことをやる国に協力するのがアイコク的で、これが日本のホコリの源泉なんでしょうね。

こどもたち、若者たち、「ウツクシイクニ」をよく見ておいてください。

ーーーーーーーー
上のリストの各項目について、根拠となる情報のソースをまとめてくださった方があります。→
【福島原発事故への対応】やるべきことから逃れるための壮絶な「努力」の数々
(お役立ち情報の杜(もり))

http://useful-info.com/fukushima-make-effort-to-avoid-what-must-be-done


ーー
日本人は何もしないためなら何でもする -- 「すべては気づき」さん 11/24/2015
http://sekaitabi.com/servant.html

のタイトルだけ見て、「何でもする」の内容を自分なりにリストアップした結果が上です。